身近なものに使われる金属材料について解説!実は様々な種類がある

身近なものに使われる金属材料について解説!実は様々な種類がある

● SITE MAP ●

金属材料は種類によってそれぞれ使われる用途が違う

ガッツポーズをする

金属材料が使われているものは、どのようなものがあるでしょうか。そもそも金属材料には、様々な種類があります。丈夫で重いステンレス、軽くて柔らかいアルミニウム、幅広く使われている鉄や金、銀、銅など、他にも様々な種類に分類されています。金属材料は種類によりそれぞれ使われる用途も違います。例えば丈夫なステンレスは、耐久性があるため、屋外で使われることが多いです。階段の手すり、玄関ドアの取っ手、窓サッシや換気扇など、建物だけでも様々な場所に使われています。ステンレスは重たく丈夫なため、持ち運ぶものより備え付けのものに使われる印象があります。対してアルミニウムが使われた物は、軽量で安価なものが多いです。例えばキッチンで見かけるアルミ箔をはじめ、缶詰めやジュースの缶、フライパンなど、軽い特性から使う頻度の高いものにも多いです。またアルミニウムは電気や熱を通しやすく、電池に使われたり、オーブントースターなどでも活躍します。保温性も高く、焼き芋や、ホイルの包み焼きなどでも使われています。金や銀、銅も金属材料です。実は日本の硬貨は、一円玉はアルミニウム、それ以外は銅でできています。意外なところにも金属材料が使われており、身近なところで活躍しています。

● イチオシ記事 ●

● コンテンツ一覧 ●

TOP